NEWSニュース

テスト自動化ツール「SKYATT」に関するニュースをお届けします。

リリース情報

2022.09.26

Ver.5.60

  • 画面アイテム修復機能が追加されました。
  • NC項目でも処理結果(OK/NG)によってフロー分岐するようになりました。
  • コマンド実行の完了待機時間が変更可能になりました。
  • 軽微なバグ修正を行いました。

2022.07.11

Ver.5.50

  • SKYATT
    • .NET Frameworkのバージョンが'4.5.2'から'4.8'に変更されました。
    • ライセンスサーバとの通信にTCPが選択できるようになりました。
    • Webブラウザ'Internet Explorer'が非推奨となりました。
    • geckodriverのバージョンが'0.31.0'になりました。
    • IEDriverServerのバージョンが'4.2.0.0'になりました。
    • 軽微なバグ修正を行いました。
  • SKYATTライセンスサーバアプリ
    • TCP通信が可能になりました。

2021.12.06

Ver.5.40

  • 動作環境にWindows 11を追加しました。

2021.09.27

Ver.5.30

  • [項目書をエクスポート]機能を改善しました。
    • パフォーマンスが改善され、出力にかかる時間が減りました。
    • ExcelをインストールしていなくてもExcelフォーマットで出力できるようになりました。
    • Excel未インストール時における出力ファイル形式をCSVファイルからExcelファイルに変更しました。
    • 出力フォーマットの軽微な整形を行いました。
  • アクションの新規追加や仕様変更を行いました。
    • 追加 (Android、iOS、Web、Windows)
      • [ドライバ起動]
      • [ドライバ終了]
    • 追加 (Android、iOS、Web)
      • [スクリプト実行]
    • 変更 (Android、iOS、Web、Windows)
      • [画面アイテムの値を検査]:検査対象の属性に任意の文字列を指定できるようになりました
  • 画面アイテム抽出において、カウントダウン後に解析を開始することができるようになりました。

2021.07.26

Ver.5.20

  • Microsoft Edge Legacyのサポートを終了し、Chromium版 Microsoft Edgeを新たにサポートしました。
  • WebDriverがブラウザバージョンに合わせて自動的に更新されるようになりました。(Chrome / Microsoft Edgeのみ)
  • WebDriver自動更新機能にあわせてプリインストールされていたChromeDriverを削除しました。
  • 一部のコントロールにて、アイテムの検索ができるようになりました。
ニュース一覧
お問い合わせアイコンお問い合わせ
資料ダウンロードアイコン資料ダウンロード