失敗のない、使えるテスト自動化ツールを

Sky株式会社の25年以上にわたる評価 / 検証の実績を基に
自社開発したテスト自動化ツール「SKYATT(スカイアット:Sky Automation Testing Tool)」は、
テスト自動化によるメリットを最大限に引き出します。

Loading...

POINT1 シナリオ作成日本語ベースでテストシナリオ作成

プログラミング知識不要で、使う人を選びません。

従来のテスト自動化ツールは、使いこなすためにプログラミングに関する知識が欠かせませんでした。国内開発のテスト自動化ツール「SKYATT」は、設定や各種アイテムの登録も日本語のメニューで行え、「どのアイテムに対して」「どんな操作をするのか」を選択していくことで自動テストを行うためのシナリオが作成できるので、専門的な知識をお持ちでない方にもご活用いただけます。もちろん、マニュアルやサポートも日本語対応しています。

Loading...

POINT2 テスト実行ワンクリックで自動テストを実行

結果判定も自動で行うので、後は待つだけです。

テストシナリオが完成すると、実行ボタンを押すだけで自動テストをスタート。設定したシナリオに沿って自動的に操作し、その結果判定までを自動で行います。自動テスト実行中の判定に応じて異なるシナリオに分岐したり、実行停止するまで同じシナリオを延々と繰り返すといったことも可能です。また、一度作成した自動テストは何度でも実行できるので、同じテストを繰り返すような作業も効率的に行えます。

Loading...

POINT3 結果確認自動テスト中のNG発生状況を画像で確認

結果は通知されるので、後追いも楽にできます。

自動テストの結果判定でNGが出てしまった場合は、スクリーンショットを保存することが可能です。画像が残ることで、実行中の様子を見ていなくてもNG発生状況が視覚的に確認できます。また、ビジネスコラボレーションツール「Slack」やメールを使って、自動テストの開始や終了といった作業ステータスをお知らせすることも可能なので、テスト実行開始後の後追いも面倒なく行えます。

POINT4 汎用性マルチプラットフォーム対応

シナリオを流用し、自動テストの工数を削減できます。

4種類のプラットフォームに対応しているので、幅広いソリューションのテスト自動化が可能です。もちろん、自動テストを実施するプラットフォームごとにツールを使い分ける必要はありません。また、1つのプラットフォームで作成した自動テスト用のシナリオから、使用するアイテム等の情報を抽出して、別のプラットフォームのシナリオに流用できるので、シナリオ作成にかかる工数も削減できます。

テスト自動化ツール「SKYATT」の
概要・活用の流れを動画でご紹介

FAQよくあるご質問

「SKYATT」はどのような特長があるツールですか?

テスト自動化ツール「SKYATT」は、ソフトウェアのテスト自動化ツールです。一般的なテスト自動化ツールの場合、自動テストを実施するために膨大なテストコードの作成が必要となることが多いです。しかし「SKYATT」であれば、ボタンやテキストボックスなどを「画面アイテム」として登録し、あらかじめ用意された「アクション」の中から、自動テストで行う操作を選択することで自動テスト用のシナリオを作成できるので、高度なプログラミングの知識は不要です。詳細は下記Webページをご覧ください。

機能・特長

試用のためのライセンスはありますか?

お申し込み後1か月間お試しいただける無料体験版をご用意しています。試用をご希望の際は、下記Webページからお問い合わせください。

お問い合わせ

導入費用について知りたいのですが、価格を教えてください。

導入費用については、条件によって異なるため公開しておりません。お手数ですが、下記Webページからお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせアイコンお問い合わせ
資料ダウンロードアイコン資料ダウンロード